音羽家 本文へジャンプ
五節句とは?
 節句は、伝統的な年中行事を行う季節の節目となる日で、五節句とは、
  ・人日(じんじつ)      1月7日 七草
  ・上巳(じょうし/じょうみ) 3月3日 桃の節句、雛祭り
  ・端午(たんご)       5月5日 菖蒲の節句
  ・七夕(しちせき/たなばた) 7月7日 たなばた
  ・重陽(ちょうよう)     9月9日 お月見、菊の節句
 です。
 この五節句を音羽家では、伝統に基づきながらも、アイデアを活かして
 現代感覚の五節句物を制作し、お雛様や端午のお祝いには長く手軽に
 ご家族で楽しんでいただけるように提案させていただいております。
 お祝い事の季節だけ感謝するのではなく、一年中感謝できるよう飾り続けて
 いただきたい・・・
 これが、音羽家の想いです。  

1月1日 ゆかしい「お正月」

羽子板は、室町時代より災難、厄、病をはねのけて、1年の無事を願って飾られてきました。
子供の初正月のお祝いに健やかな成長を願って、また家族皆のお守りとしてお正月には欠かせないものです。
一般的には女性向けという風習があるが男性向けの商品・大きさ・オーダーメード等、オリジナリティあふれる商品制作を心がけております。

3月3日 雅な「雛まつり」

お雛さまは、健康で優しい女性に育ちますように人生の幸福が得られますようにと、願いが飾られて来たものです。

5月5日 たのしい「端午の節句」

鎌倉、室町時代に武を尊ぶことの「尚武(しょうぶ)」と菖蒲にかけ、男子のお祝いの日になりました。
「鯉のぼり」の鯉は男らしさを象徴しています。吹き流しは厄除けの意味があります。


7月7日 心ときめく「七夕さま」

7月7日の夜に、年に一度だけ織姫さまと彦星さまが、天の川で出会えるというロマンチックなお話で知られる七夕の節句。



9月15日 心静かに「お月見」

「中秋の名月」とは秋(旧暦7,8,9月)の真ん中という意味の最中(もなか)に当たることから中秋といい、その15日の月を仲秋の名月といいます。